価格設定って難しいですよね…① | BluNa

BluNa は、現在準備中です。

2017/05/20 12:00


こんにちは!orこんばんは!orおはようございます!
紫月あおいです(*′ω`*)

いつもは作品の紹介やお知らせ等を載せておりますが、今日は珍しく真面目なお話。

作品の価格についてです。
販売の経験や原価計算の経験がない方にはもしかしたら分かりづらいかもしれません。
また、個人的な見解が多分に含まれていますので一概には言えない、
ということも先に申し上げておきますね。

そして興味のない方は是非スルーしてください(`・ω・´)
見てもつまらないしそんなこと説明しなくてもいいよ・・・時間の無駄だよ・・・と思うと思います(笑
そして今回とても長いです(笑

私の作品は価格設定が高めだと思っています。
自分で買うならちょっと手が出せない値段ではないでしょうか…
本当に気に入ったデザインにだけ“自分へのご褒美”に買ったり
誕生日などの記念に“プレゼント”を選んでいいと言われたらお願いしてみたり
もしくは贈ってみたり。。。
そんな価格設定だと思っております。

同じハンドメイド作家さんでも価格設定で悩まれている方が沢山いらっしゃるのをお見掛けします。
本当にみんな悩む通過点なのではないかなと思います。

先日『イラストの価格について』、Twitterでリツイート(共有)が流れてきました。

ツイートの発信者は 鐘の音様( @kanenooto7248 )
ご本人様の許可を頂き、ツイートを引用させて頂きます。

最初にこちらのツイートが回ってきました↓
『副業でやってる絵師の人は、「本業があるから安い値段でいいや」じゃなくて、
「本業があるから金に困ってないのでふざけた値段の仕事は受けないよ?」というのが本来の強みなので、
カラーガチ描きのイラストを4000円とか言うふざけた依頼は蹴っ飛ばして行った方がいい。』(引用先URL)

そして翌日にはこちらのツイートが回ってきました↓
『カラーイラストだけど、ガチ書きしたものは、実費儲けなし、商売抜き、でやったとして2万。
商売として成立させるならば、それ以上だということは、繰り返し言っておきたい。
お友達価格、ほかにメリットがある、商売抜きで同人でやる、
というのならば無償もあり得るが、4000円ってバカか?』(引用先URL)

私はイラストは描けません。絵心がないです。
中学生の頃に練習しましたが上達しませんでした・・・(笑
なのでイラスト制作に必要な機材や資材、作業時間等については全く無知です。
同じイラストでも作業時間が10~30分で済む方もいれば、数日掛かる方もいるかもしれませんね。

例えば、30分で1枚のイラストを描けたとしましょう。
みなさんは30分でできるイラストが4,000円と言われたら高いと思いますか?
同じように30分でできるイラストを1,000円で販売する方もいると思います。
しかし10,000円で販売する方もいます。
みなさんはそのお値段を高いと思いますか?

多くの人が【高い】と思う、と思います。
実際高いんです。これは間違いありません。
1,000円だったら何かの記念にとかでスッと出せる金額かもしれません。
実際、似顔絵屋さんは1,000~2,500円くらいで描かれている方が多い気がします。
けれど1枚のイラストに5,000~数万円のお金って普通の人は出せません。
今はポストカードが100円で売られている時代です。
「イラストが高い」というイメージが付き難い時代だと思います。

けれどそれは 「量産ができて、売れる」=儲けが取れる からできることなんですね。
同じくポストカードで例えると
1枚のイラストを1万枚のポストカードに印刷するとします。1枚100円で売ります。
完売したら100万円です。2割(2,000枚)在庫が残っても80万円手に入ります。
イラスト代が5万円だとしても元が取れませんか?
【1枚5万円のイラスト】と言われると高いと思うかもしれません。
でも今の時代、印刷という量産ができる為「安くても利益が取れる」のです。
しかしこれは企業のお話。だって有名な企業さんは【販売する場所】を沢山持っていますから。
沢山作っても、沢山販売する場所があれば、沢山の人に見てもらえて、買ってもらえます。
さらに企業さんって会社の名前だけで信用度がありますから、
通販でも詐欺を心配することなく買ってもらえます。

個人がイラストを描いて1万枚ポストカードを印刷しても売れますか?
数十枚は売れるかもしれません。残りの9,900枚以上どう頑張ってもは在庫になります。
通販をしても企業さんほど信用がないのでなかなか手を出してもらい難いです。
元なんて取れません。印刷代だけが無駄になります。じゃあどうするか?
枚数を減らすんです。これしかない。

個人の人は“買ってもらえそうな枚数、そして在庫が残っても管理できる枚数”を印刷します。
でもイラスト制作の作業時間は変わらないですよね?

じゃあ同じように1枚5万円のイラストになるとしましょう。
利益は同じくらい欲しいはずです。ではどうなりますか?
1枚のイラストの印刷枚数は1,000枚にするとします。(もちろん絵師さんによって違います)
同じ利益を得るためには単価を上げるしかないのです・・・。
すると1枚のポストカードは1,000円になります。
大手企業さんを頼らないとこうなってしまうのです。
この例えはとても大げさに書いていますので、1枚1,000円にまで膨れてしまいました。
またイラスト制作は無知な為色々と違う点もあるかと思いますが、簡単に言えばこんな感じです。
図にした方が分かるという方用に簡単に図も書いてみました。(稚拙ですが)



そして鐘の音様のツイートの内容は「イラストのご依頼」。
こう考えると、1枚4,000円って安いなって思いませんか?
私たちが普通に買い物に行って買う感覚とはまた違うと思います。
そして依頼している方もその作品の使い道が有償無償に関わらず
「何かに活用するためのイラスト」を依頼しているはずです。
だって観賞用でしたらその人のSNS等に沢山上げてくださってますもの。
無断転載を禁じている方は沢山いますけど、観賞用の保存は許可してる方が多いです。
一部観賞用でも保存禁止の方はいらっしゃいますけど、
誰でも見れるアイコンに使う、自作発言等をしなければ許可していらっしゃる方のほうが圧倒的に多く、
明記されてない場合はメッセージを送って聞いてみたらいいのです。
許可してくだされば自分で観賞用フォルダを作って楽しむだけでいいのです。
つまり、【依頼をする】ということは【何かに使う】為なのです。

最近はSNS等が沢山出てきており、「アイコン等に使うイラストを描いて欲しい」という依頼が増えているんじゃないかと思います。
依頼する方からしたら非営利目的でお金になりませんね。売っているわけではないですから。
でもね?イラストを描く人からしたらそれって関係ないんですよ。
だって依頼者さんがイラストでお金を稼ごうが稼ぐまいが「イラストを描くという作業」は変わりませんから。
もちろん、営利目的なら代金を上乗せするという方もいらっしゃいます。その部分はその方次第になりますね。
でも基本的に絵師さんイラストレーターさんの行う作業は変わりません。
「アイコン用にするって言ってたからちょっと手を抜こう~」なんてことはありません。
そんな方はそもそもイラストを描き続けていないでしょう。
全部本気でやっているのではないかなと、同じ物作りをする立場から思っております。

依頼者がどう使おうと作業が変わらないなら、価格も基本的に変わらないのが普通です。
でも「私(依頼者)はお金儲けに使わないから安くして!」というのが今の世の中には多いような気がします。
個人的にそれはおかしいんじゃないかなぁ・・・と思っています。
けれど、イラストを絵師さんイラストレーターさんから直接買うということは
本来は沢山印刷して販売し、分散させているイラスト料金を1枚に集約してお支払いするというです。
「私(依頼者)のためにイラストを一枚描き下ろしてください」ということはそういうことです。

さて、今回はなんで依頼したイラストって高いのー?ってお話でした!
次回はもう少し価格設定のお話しようかなと思っていますので、
こちらももしご興味のある方は見てみてください!

※個人的な見解の為至らない点、間違っている点が沢山あると思います。ご了承ください。
 また、ご意見もあればTwitterDMまで。

紫月あおい( @bm_accessories )